入谷の魔法使い…

ピアノ弾きは兎にも角にも身体が資本です💪✨

長年の酷使に悲鳴をあげた私の身体クンは、たくさんの持病を製作してくれました😭💦

そのうちの一つ、頸椎ヘルニアにより、私の左手は2011年6月以来マトモに動いてはくれません🌀

様々なリハビリで、握力はようやく右手の半分まで戻って来てくれましたけれども…💦

実は今週月曜日からは肩甲骨→左腕の痛み&痺れが酷くて、心身共に参ってしまいました。(まぁ🎹レッスンは明るい気持ちで続行していますけれどね😅)

そこでご登場するのが『入谷中央整骨院』総院長の荒川譲先生…「入谷の魔法使い🧙‍♂️」とお呼びしております❣️

元南米サッカーチーム⚽️のプロ選手です‼️

昨年7/31、余りにも酷かった坐骨神経痛(パンツを履くのにも冷や汗ダラダラ💦)を初診していただいて以来、なんだかんだとお世話になっております🙇‍♀️

元々『五反野駅前整骨院』にて娘がお世話になっていた先生なんですよ。

学生時代の娘に続き、母も身体のメンテナンスをお願いすることになりました💀

今回の症状は、ご多分に漏れずコロナの影響で、stay homeで家にこもり、外では他人とのすれ違いざまなどに接触を避ける為に、肩に力が入って上がってしまったことが原因だそうです😭🌀

荒川総院長はその場の治療のみならず、普段から心がける姿勢やら体操やらをお教えくださいます。

ピアノの世界では、師匠殿から教えられた事を次回のレッスンまでに確実に直すのが生徒のお仕事😣

今日は、昨日お教えいただいた肩の下ろし方をマスター?していたらしく、お褒めの言葉をいただき、子供の様に喜んでいる竹本です🥰✌️

今週いっぱいで治して、来週からはFURDI北千住のトレーニングに復帰したいです💪✨

荒川総院長のお話によると、今、患者さんにこの症状がとっても多いそうですよ🌀

色々な意味で、新しい世界のやってくる時が待ち遠しいですね〜🤗