Profile

講師プロフィール

takemoto-emi

竹本絵己(たけもとえみ)

国立音楽大学ピアノ科卒業。愛知県立明和高校音楽科講師を育児退職後、三人の子育ての傍ら『ぴあのふぉるておんがくしつ』開設。37才にて約15年ぶりのソロ舞台を踏む。同年、国際芸術連盟新人オーディション奨励賞、記念コンサート出演。05年ピティナコンペグランミューズA2カテゴリー全国第1位。翌夏ジストニアで右手完全麻痺となるが、07年春、ロシア人チェリスト レオニード・ゴロホフ氏との3回目デュオリサイタルにて復活。夏にはA1カテゴリー全国大会入選。08年春、同氏らとトリオリサイタル開催。ピアノ・清水皇樹、奈良井巳城、フィンガートレーニング・横田牧子、楽曲分析・野平多美の各氏に師事。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナコンペティション審査員。ピティナステップアドバイザー。日本クラシック音楽コンクール審査員。

指導者として

ピアノ教師の母の教えの元、1歳よりピアノをはじめる。
紆余曲折を経ながらも、愛知県立明和高等学校音楽科から国立音楽大学ピアノ科へ進学して、研鑽を積む。(転機)
大学卒業後、母校・明和高校音楽科の非常勤講師を勤め、多くの未来の音楽家達を育てる。(現在もその当時の生徒さんは第一線で活躍中)

結婚退職後、3人の子育てのかたわら1990年名古屋にて「ぴあのふぉるておんがくしつ」を開設。
2004年 全日本ピアノ指導者協会(通称PTNA…ピティナ)「桃花ステーション」を立ち上げる。

以後、毎年初夏に同ステーションにおいて、ピアノステップを主宰し、延べ1,400人余の参加者の、ピアノライフの後押しをする。
(最年少2歳から、最高齢は90歳まで♪)
2017年より、ピアノレッスンのためのワークショップ「ぴあのノカラダカラダ」を開講し、ピアノ指導者に好評を博す。また一般の方に向けて、バーにてお酒をたしなみながら聴ける「クラシックおんがくしつ」も開き、各地で交流を深める。現在、都内に拠点を移し、今後全国各地でのピアノ指導に向けて、さらなる研鑽を積んでいる。

演奏者として

  • 1998年 約15年ぶりにピアノソロ舞台を踏む。
  • 同年、国際芸術連盟新人オーディション奨励賞(ピアノ部門第一位)受賞。
  • 2005年 PTNAピアノコンペティショングランミューズA2カテゴリー(40才以上)全国第1位。
  • 2006年夏 ジストニアで右手完全麻痺となるも、リハビリにて復活。
  • 2007年夏 PTNAグランミューズA1カテゴリー(23才以上)全国第3位。
  • 2003年から2010年まで、ロシア人チェリスト レオニード・ゴロホフ氏とジョイントリサイタルを開催。
  • 2011年夏 頸椎ヘルニアを罹患し左手の握力が0になるも、徐々に快方に向かい現在までアンサンブル奏者として活動を続ける。

竹本絵己ぴあのふぉるておんがくしつへのお問い合わせ

お気軽にお問合せくださいませ。

電話でお問い合わせはこちら

090-9928-1668

フォームでお問い合わせの場合はこちら

お問い合わせフォーム